肌荒れでも使える美白基礎化粧品を選ぶときの注意点

抗炎症成分と保湿効果で、美白成分をしっかり浸透させ、働かせる
肌荒れを起こしているときは、バリア機能が低下し、炎症を起こしやすくなります。そういった肌状態は、紫外線ダメージを受けやすく、また、肌を乾燥させていきます。肌荒れの悪循環を断ち切るには、肌のバリア機能を高めるケアが必要です。高い保湿効果はもちろん、独自の技術や成分配合で、肌バリア機能をアップさせてくれる化粧品を選びましょう。

刺激の強い美白成分は、敏感肌には適しません。低刺激な美白成分を、使用している化粧品を選びましょう。お試しセットで、お肌に合うか試してみましょう。

肌が炎症を起こしている状態では、メラニンが発生しやすくなります。炎症を抑える成分が、配合されている化粧品を選びましょう。メラニンは、紫外線だけでなく、乾燥や摩擦など、肌ダメージを受けたときに発生します。肌に負担のかかりにくい処方で、高い保湿力をもっているものがおすすめです。